行動を起こすタイミングを占う

占いでわかること コメントは受け付けていません

四柱推命の場合、現在生きている年の運勢を判断したい場合で、最も簡単に運勢を判断したいと思った場合は、流年というものを見るのが一番です。
今年はどういった運勢を自分が持っているのかをとにかくてっとり早く知りたいという場合には便利です。
例えば、今年は転職を考えているという場合や、転居を考えている。
マイホームを購入しようかと考えている。
転職や独立を考えている。
結婚をしようかどうか迷っている。
こういった人生の大きな分岐点に立たされた時、その年のその瞬間というものがベストなタイミングであるのかどうかは、この流年をチェックすれば、簡単に判別することが出来るのです。
流年というものは、一体何なのかというと、人間の運勢にはある程度の周期があり、これを年回りと呼んでいるのですが、例えは、良い運気である場合には徐々に悪い運気へと向かっていくことを指します。
逆に悪い運気を現在経験している方であれば、徐々に良い運気へと向かって流れていくことを指しているのです。
人間の運勢はこれを繰り返しているわけで、前述にあるような人生の分岐点においては、やはりこれから徐々に良くなるといったタイミングで行うのがベターとされているわけです。

西洋占いと東洋占いはすみわけが出来ています

西洋占いと東洋占いは、きっちりとすみわけができています。
どうしてそれが可能なのでしょうか?
それは起源の違いだといえるでしょう。
星占いやタロットカードは、西洋人の豊かな情緒あふれる発想が占いになったものです。
ですから占いもどこかなぞを帯びたような、そんな不思議な感覚になるのです。
水晶占いなどもこの部類に入るでしょうか?いずれにせよ、西洋占いはなぞだらけです。
一方の東洋占いは、みんな起源は学問にあります。
手相占いをしていると、脇のほうで棒がたくさん刺さっている筒を見たことはありませんか?
あれは易といって、中国古来から伝わる占いの一つなのです。
これも中国の学者が研鑽して出来上がった占いです。手相とあわせて易で人生観を占う人も多いでしょうね。
こういったように、西洋占いと東洋占いでは、きっちりとすみわけができているのです。
もし詳しく知りたければ、インターネットでそれぞれを検索してみてください。
きっとあなたの思っているなぞも解けると思いますよ。
さあ占いの世界へあなたもいってみましょう。まずはどちらから勉強してみますか?
西洋占いですか?東洋占いですか?どちらもおくが深いのできっと勉強し甲斐があると思いますよ。

関連ページもチェック

    None Found

作成者

ページトップへ戻る